2006年08月10日

ノドの性病(1)ノドクラミジア

のどにクラミジアが感染する事があります。

この場合、性器に感染した場合よりたちが悪いです。

理由の一つは、症状が乏しく感染に気付きにくいとい
うことです。

症状がない事も多く、あってもイガイガしたりする程
度で、カゼと間違えるほどです。


もう一つは、ノドのクラミジアのほうが菌を除去しに
くく、治療に時間がかかるということです。

この間に呼吸器を通して小さな子供やお年寄りに感染
すると、肺炎を起こす可能性もあります。


このような理由から、保菌者になりやすく、人にうつす
可能性が高くなるといえます。

オーラルセックスで感染することも、たちが悪い原因の
一つです。


少しでもおかしいと感じたり、感染の機会が多い人は、
定期的に検査しておいたほうが良いでしょう。


【のどのクラミジア検査】性病検査/郵送検査キット/STD検診/のどの感染増加
posted by takeshi at 05:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ノドの性病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

ノドの性病(2)ノド淋病

淋菌もノドに感染します。

この場合も症状が軽く、ノドがイガイガする程度です。

ノドだけの感染である事はまれで、たいていは性器にも
感染があります。

性器の淋菌感染者の3割ほどがノドにも感染してるので、
治療しても再発を繰り返す場合は、ノドを検査するべきです。


症状が軽いので気付かない事もあり、他人にうつす危険性が
高くなります。


疑わしいことがある場合や、気になる症状が出た場合は、
早く耳鼻咽喉科や性病科などで検査をしてください。


自宅でもできるノドの性病検査
posted by takeshi at 05:38| Comment(0) | TrackBack(0) | ノドの性病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。