2006年04月05日

梅毒(6)妊婦の梅毒

梅毒に感染している事に気付かずに女性が妊娠すると、
早産、死産の可能性が高くなります。

無事に出産できたとしても、生まれたときには梅毒が
進行しており、大変不幸な先天性梅毒児となってしまいます。

生まれてくる子供に何の落ち度もありません。

そんな不幸な子を産んでしまったという苦しみを味わう
親もまた大変な不幸だといえます。

こうならないためにも、性病の予防、検査による早期発見、
早期治療を頭に入れておかなくてはいけません。


しかし、妊娠中の血液検査で梅毒が分かった場合でも、妊娠
4ヶ月と8ヶ月に抗生物質で正しい治療をすれば、梅毒に感染
していない子を生む事ができます。

自宅でもできる梅毒検査
posted by takeshi at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 梅毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13316377

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。