2006年04月07日

梅毒(4)第三期梅毒

感染後3〜10年を第三期梅毒といいます。

この時期の梅毒の特徴的な症状は、結節性梅毒、
ゴム腫、粘膜疹などです。

特にゴム腫は内臓にまで菌が及んだ状態で、ゴム
のように硬くなってしまいます。

この時期にはもう診断は付いてるはずですから、
治療を根気よく続ければ手遅れにならずに済みます。

ペニシリンなどの抗生物質による治療を2週間から
一ヶ月きちんと続ければ、梅毒菌は殺す事ができます。


自宅でもできる梅毒検査

posted by takeshi at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 梅毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13315862

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。