2006年04月09日

梅毒(2)第一期梅毒

感染3ヶ月までの梅毒を第一期梅毒といいます。

感染後3週間頃に小さな赤い腫れ物ができ、それが水ぶくれに
なります(硬性下疳)

水ぶくれは破れて治りますが、菌は体の中のリンパ節に潜り込
んで増え続けます。

その後リンパ節が腫れ、無痛性横げんという物ができます。

しかし、これらの症状は数週間以内に消えてしまいます。


放っておいても症状が消えるのでそのままにされがちですが、
この時に検査を受け、治療すればそれだけ早く治す事ができます。

自宅でもできる梅毒検査
posted by takeshi at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 梅毒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13315048

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。