2006年02月09日

クラミジア(2)症状

1〜3週間の潜伏期間のあと、頻尿、排尿痛、サラサラとした
分泌物が出る、などの症状がでる事があります。

放っておくと男性は精巣上体炎、女性は子宮内膜炎、卵管炎、
骨髄腹膜炎などを起こす事もあります。

簡単にいえば、オリモノが増える、下腹部が痛む、性交時の痛み
などがあげられます。

ただ、多くは無症状なので発見が遅れ、菌が体の奥深くに入ると、
激しい腹痛などを起こしたりするので注意が必要です。


性病にかかったかも、という心当たりがある人は、症状が出てな
くても、定期的に検査をしたほうがいいといえます。

自宅でできるクラミジア検査はこちら
posted by takeshi at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | クラミジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。