2006年01月05日

淋病(5)治療

まずどんな性病にも言えることですが、ちょっとでもおかしい
と思ったらすぐに病院へ行き、検査を受けるのが大事です。

検査が一日遅れれば、それだけ治りが遅くなります。

かかる病院は、「性病科」「皮膚科」「泌尿器科」です。

ただ、「皮膚科」「泌尿器科」などでは性病を取り扱っていない
所もあるので気をつけましょう。

事前に電話で聞くか、タウンページなどで調べればすぐに分かり
ます。


検査で陽性であれば、抗生物質を使います。

適切な抗生物質を使えば、たいてい一週間以内に完全に治ります。

この間はお酒などを飲みに出かけず、おとなしくしていましょう。

きちんと抗生物質を飲んでさえいれば特に安静にする必要もない
ですし、普段どおりの生活をしてかまいません。

ただ、医者からもらった抗生物質を言われた量だけきちんと飲む
のが大事です。

飲んだり飲まなかったりしたり、量を自分で変えたり、別の抗生
物質を飲んだりといった事をすると、菌が鍛えられて強くなり、
こじらせてしまう事もあります。

こうなってしまうとより強い薬をたくさん飲むハメになります。

医者の言う事はよく聞きましょう。


自宅でできる淋病検査
posted by takeshi at 03:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 淋病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。