2006年01月10日

淋病とは

淋病とは、淋菌により起こる急性の性感染症で、代表的な症状として
男性では尿道炎、女性では子宮頚管炎があります。


また、結膜炎や咽頭炎、直腸炎、腹膜炎、全身感染症を引き起こす
事もあるので注意が必要です。


初期に「おかしいな」と感じるポイントをあげておきます。


■男性〜朝起きると尿道の先が詰まる感じがし、はれぼったい。
    押さえると黄色い膿のようなものが出る。
    小便の際、出にくい感じがし、痛みがある。

■女性〜膣から黄色いオリモノが出てくる。



この時期にきちんと対処するのが大事です。


潜伏期が1〜14日といわれているので、思い当たるフシがあれば
すぐにでも医師の検査を受けましょう。

自宅でできる淋病検査
posted by takeshi at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 淋病 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。